有限会社 トム工芸

刺繍、オリジナルワッペン、カジュアルウエアの販売、マーキング加工。オーダー見積りも承ります【トム工芸】

 

FAX注文用紙

 

FAX注文用紙

 

HOME»  プリント加工方法

加工方法

圧着プリント

転写プリント

昇華プリント

刺繍

シルクプリント

 

圧着プリント(あっちゃくプリント)

あらかじめ染色されているシートをカットしてプリントし、高温・高圧でプレスする方法で、版代がかからないので少ない枚数から安く仕上げることが出来ます。
サッカーやバスケットボールのユニフォームにゼッケンや背中にネームを入れる場合などにもこの方法でプリントします。
また、ラメが入ったシートや蛍光色、反射材もあるので、様々な用途のシャツに加工出来ます。



 

圧着プリント(あっちゃくプリント)

 

転写プリント(てんしゃプリント)

染色されていないシートにカラー出力し、後から高温・高圧でプレスする方法です。
色の種類に制限がありませんので、カラフルなデザインを加工する際に最適です。
圧着プリント同様、版代がかからないのでTシャツ、トレーナー、バッグ等の一つのデザインで、沢山の種類のアイテムにプリンスする際はこちらをおすすめしております。

 

転写プリント(てんしゃプリント)

 

昇華プリント(しょうかプリント)

昇華プリントとは昇華インクを使って転写紙などに印刷した紙に高温の熱をかける事で、インクが気化し繊維に色を浸透させる独特な加工方法です。
生地に浸透させるため表面には印刷した違和感が全く残らず、通気性が非常に高いです。
但し、素材は弊社でご用意する、白生地のポリエステルが入った素材に限定されます。

 

昇華プリント(しょうかプリント)

 

刺繍(ししゅう)

加工種類の中でも最も高級感が有り、学校の体操服や会社の作業着などに加工される、最も多く目にする加工方法です。
その加工方法をいくつかご紹介しましょう。

[直接刺繍]
ウェアに直接刺繍糸を縫いこむ加工でネームや会社名、ワンポイントの加工に最適です。

[縁取り刺繍]
比較的大きなスペースを縫う際に使われる加工方法で、布をカットした周りを刺繍で縫っていきます。
主にパッチワークや野球のユニフォームに使用されます。

[3D刺繍(フクレ刺繍)]
刺繍をする際に立体感が出るように加工する方法で、帽子などに加工する際に最適です。



 

刺繍(ししゅう)

 

シルクプリント

最もポピュラーな加工方法で、1色ごとに、版をおこしてインクで刷るプリント方法です。
例えば2色のプリントの場合は色別に2版必要となります。
シルクスクリーンプリントではプリント代の他に、この版代が別途かかります。
下記の例で説明していきます。

 

シルクプリント

 

加工方法

 

加工方法

 

加工方法

1. ベースとなるデータを用意します 2. 版を作成します 版はカラーごとに用意しなければなりません 例は2色のプリントなので2つ用意します 3. インクを版の上から生地に印刷しますまずは1版目の印刷が出来上がりました

 

加工方法

 

加工方法

 

加工方法

4. 同じ方法で2版目もプリントしてきます 5. 完成!! 6. ※製版の保存期間は一年となります追加加工が入った版はその都度保存期限が一年延びます

 

お問い合わせ

メールでのお問い合わせはこちら